ログイン

サポートフォーラム

紀永に関する質問や要望などを投稿して下さい。

また、カスタマイズなどについて、ユーザー同士の意見交換に活用することもできます。

投稿する際は、こちらにメールアドレスを入力してログイン・チケットを取得する必要があります。

プライバシーポリシーについてはこちらをご覧下さい。

プライバシーポリシー

1) ユーザーが当サイトに質問等を投稿する場合、ユーザー認証のプロセスとしてメールアドレスを送信することが必須となります。

2) 当サイトがユーザーから送信されたメールアドレスを受け取ると、当サイトはそのメールアドレスに対してログイン・チケットと呼ばれる添付ファイル付きの自動返信メールを送信します。

3) この自動返信メールが送信されてから10分以内にユーザーがメールを受信し、ログイン・チケットを保存した上で、当サイトにアップロードすることにより、当サイトへのログインは成立します。

この一連の手順に際して、当サイトでは、ユーザーの認証および識別を目的として、個人情報(メールアドレス、IPアドレス、セッションCookie、端末情報、アクセス日時)を取得しますが、何れの情報であっても個人を特定できる状態で公開することはなく、かつユーザーの同意を得ず目的以外に利用することもありません。

但し、当サイトの運営者もしくは第三者が不利益ないし損害を被る可能性がある場合や、法令に基づく要請に従う場合は、公共機関に情報提供するものとします。

また、ユーザーがログイン後に個別登録できる個人情報としては、ハンドルネーム、アバター画像、自己紹介がありますが、これらの情報はユーザー同士の交流を目的として参照されるものであり、それ以外の目的で収集および公開するものではありません。

カラーテンプレートを自作する場合のhsla覚書g f t

投稿者内容
c4tfGsh
管理者
2018年10月05日16時13分
紀永では、色指定にhslaを使用しています。 また、includes/lang/ja.php (英語版ならen.php、タイ語版ならth.php)で指定できる値はH、S、Lのみです。 詳しい指定方法はテンプレートに無い色を作りたい場合 - 紀永サポートフォーラムを参照下さい。 以下、大雑把に指定方法についてまとめました。 ■1 基本概念 H 色相(Hue) 値は0〜360(0=360なので実質0〜359の値を指定可能)   赤=0、緑=90、青=180、紫(マゼンタ)=270 と覚えておけば大体OK S 彩度(Saturation) 値は0〜100。数値が小さいほどグレーになる。   黒=0、グレー=50、白=100 L 輝度(Lightness) 値は0〜100。数値が大きいほど明るくなる。   黒=0、純色=50、白=100  ※純色=色相の基準になる色 A 透過度(alpha value) 値は0〜100。数値が大きいほど透明になる。   完全不透明=0、半透明=50、完全透明=100 ■2 色指定のポイント (1) 何系の色にするか定める。    → H(色相)の値を設定する。      ※赤〜黄〜橙の幅が狭く、青〜紫〜赤の幅が広いので注意 (2) 鮮やかな色か、灰色味がかった色かを定める。    → S(彩度)の値を設定する。      灰色 0 < 50 < 100 鮮やか (3) 薄い色か濃い色かを定める    → L(輝度)の値を設定する      濃い(黒) 0 < 50(純色) < 100 薄い(白) ■3 サンプル事例 ● 源氏鼠 → H:330 S:3 L:52 ※赤紫(H)系の灰色(S)明るさは中間くらい(L)。   ★参考★ HSV  #888084 RGB  R:136 G:128 B:132 HSB  H:330 S:6 B:53 CMYK C:54% M:50% Y:43% K:0%    源氏鼠 げんじねず #888084の色見本とカラーコード - 原色大辞典     ● red(Web Color) → H:0 S:100 L:50  ※赤(H)系の純色(S、L)。   ★参考★ HSV  #ff0000 RGB  R:255 G:0 B:0 HSB  H:360 S:100 B:100 CMYK C:0% M:97% Y:94% K:0%    red #ff0000の色見本とカラーコード - 原色大辞典 ●参考URL (HSL変換サイト) HSL Color Picker; HTML Color Picker; Web, HEX, CSS, HSLa ■4 応用 彩度(グレーの度合い)と輝度(明るい/暗い)を定めておけば、色相を変化させるだけで統一感のあるカラーテンプレートが作成可能です。 輝度の値によっては、文字が読めなくなる場合がありますので、ローカル環境下でブラウザチェックをこまめに行いましょう。